顧問契約で末永く

税理士への会社設立代行相談は、多くの支援を受けられるうえに、代行手数料が安いというメリットもあります。それは、ほとんどの税理士が、会社設立時の税理士顧問契約を前提として、代行を行っているからです。そのため、司法書士への書類作成依頼や、起業支援をほぼ無料で行っているところも少なくありません

顧問契約と聞くと、税理士への依頼を躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、会社設立後も、税理士は経営に必要な存在です。会社を設立すると、年に一度、確定申告と決算があります。その際は、帳簿の精査や納税額の計算、決算書類の作成など、とても難しい作業が必要になります。これらの書類や計算方法は税理士に依頼するのが一般的。万が一申告不備があった場合、最悪「逮捕」という事態にもなりかねません。日々の帳簿つけも、会計ソフトだけでは手に負えない部分もあります。税理士なら、節税にもつながる帳簿の精査や決算書の作成が確実にできるのです。また、会社経営をしていくといずれやってくる税務調査対応も税理士を通すことでスムーズに対応することができます。さらに、日々の資金繰りや経営に関するコンサルティングも重要な税理士の仕事。安定した会社経営のために、税理士は不可欠な存在といえるでしょう。

その後の会社経営にもつながってくる会社設立代行相談。設立時から税理士に相談しておけば、会社の方針や考え方を共有した税理士が、身近なパートナーとして適切なアドバイスをしてくれる存在になってくれます。税理士を上手に活用して、息の長い会社経営を実現しましょう。【参考HP⇒会社設立代行依頼|アディーレ